解決されないだろう。

子供時分は、この習慣好んでいた。今はいささか苦痛でもあ る。年賀状をやり取りしていた相手が、自然消滅してしまう寂しさはあるが、深追いはしない。こんな私でも、付き合いは多少は増えるので、年賀状も計画的に しないと、述べだったら400枚ぐらいになってしまうだろう。そこまでは出来ない。 というわけで、100枚だったら2本当選が期待値だが、今年はその倍の4本が当選した。早速、郵便局で賞品と交換してきた。 ところで、1等は10万本に1本の当選だが、これに当たるためには1000年間年賀状を出し続けなくてはならない。それでいて、賞品が「1万円」というのは、あまりに曲が無い。つまらん。 と言いつつも。今年の年賀はがきを入手しても、今更使えないんですけどね。あの、寿司と天麩羅切手の方が嬉しいんだけど。 太ももがやせるダイエットをしたいと、様々な方法を試しているという人はたくさんいるのではないでしょうか。ダイエットは、偏りなく、細くなることができることが理想的です。

ハーブガーデン